FX教材ランキング2021年度末総決算buchujpが勝手に選んでみたまとめ

FX教材ランキング2021年度末総決算buchujpが勝手に選んでみたまとめということで、年末企画のまとめです。

人気FX教材のランキングというだけでは、それが果たして本当に自分が使えるFX教材かと言う視点にたってみますとそれはまた別の話という事になるのではないかということで、

年末企画「buchujpが勝手に選ぶFX教材ランキング」2022年も使いたいのはどれ?の巻をメインブログにアップしたのと同時にこちらにもまとめ企画として記事に起こしてみたいと存じます。

FX教材ランキングを2つの視点で2種類buchujpが勝手にランキングしてみた次第ですが、 1つは2021年出自分自身が実際に使ってみて来年の2022年度も継続して使いたいと本当に思えるもののFX教材ランキング、

2つ目はFX教材を学習教材とみたときに、今FXを始める方にとってもトレード実践するにあたって必要なFXの知識や技術、チャートの見方などを学習してなおかつ実践もできるという側面で見たFX教材ランキングでございます。

【buchujp勝手にFX教材ランキング】

1◆『トレンドラインpro2』MT4用トレンドライン自動描画インジケータ販売ページ
2◆MAX岩本1秒スキャルFXbuchujp特典付き紐づけリンク
3◆ドラストFX公式販売ページ(buchujp特典付紐づけリンク)
4◆億スキャFXセールスページ(buchujp特典付きリンク)
5◆ミダスタッチ波動FXbuchujp特典と紐づけリンク

【buchujp勝手にFX教材ランキング学習教材編】

プラチナラインFXbuchujp特典付きリンクはコチラ
「成功のイデア」超秒速スキャルbuchujpプレゼント紐づけリンク
トレンド・ディスカバリーFXbuchujp特典付きで公式セールスページ

人気FX教材がそのまま自分にとって勝てるFX手法教材とは限らない

人気FX教材ランキング自体はいろんなところで目にしますが、人気であることと自分にとって勝てる手法であるということとはまた別物であると自分が考えている次第です。

正直FX教材セールスページの作り方の出来によって注目が集まり大量に売れてしまうという場合もあると存じます。

例えばキャッチフレーズに〇〇をするだけで、完全放置で〇〇の利益など、できれば避けたい努力を全くせずに利益だけが積み上がっていくような印象を与えるようなキャッチコピーはどうしても人目を引くようです。

仮にそれが半分当たっているようなFXのツールやシステムがあったとしても、相場は集団心理の集まりで綱引きによって形成されていくものですから月ごとや年単位で値動きの仕方が異なったり、値動きの幅の大きさが違っていたり、またトレンドが出やすかったりレンジ相場が続いたりなど変化していくものです。

そんな相場で人間の手で調整を加えずに機械的な動きだけで相場に対応するというのは非常に考えにくいと自分は思う次第で、

少なくとも、最小限の努力で最大限の結果を目指せるような工夫がされているFX教材であれば、継続して長く使い続けられる、また繰り返し学習によって手法のアレンジやブラッシュアップが行える相場に対応する10何度も大きく変わってくるのではと考える次第です。

Buchujpも2021年度最もよく使ったトレード手法は、1秒スキャルFXでございましたが、使い続けるうちに少しずつ自分のルールを加えてみたり、テクニカル指標を加えてエビデンスを追加するようにしてみたりなどして勝率や利益獲得の幅の調節等を自分自身で少しアレンジしています。

1秒スキャルFXの基本ロジックはそれだけ、様々なトレーダーのスタイルや性格に合わせて使い方を工夫したりアレンジしたりできるような汎用性があり、そのおかげで毎年相場の状況が変化したとしても使い続けられるようなポテンシャルを持たせてあるのではと思う次第です。

自分の場合は、最初は1秒スキャルFXのチャート単体でトレードをしていましたが、前述した理由からトレンドラインPro2でライントレードの観点、チャートパターンの観点、チャート形状の整い方の観点をテクニカル分析に付け加えることで、

2つの組み合わせによってより無駄なトレードを省き、勝率の高い部分に注力するトレードが多少目指せるようになってききたのではと自己分析する次第です。

ですので、トレンドラインPro2は基本的に常日頃から通貨ペアを複数で監視するチャートとして使用し、実際のトレードに至る場面では本日FX教材ランキングでご紹介した1秒スキャルFX以下、

ドラストFXや億スキャFX – 絶対公式 TAKAHASHIメソッド -、ミダスタッチ波動FXなどの同じく汎用性の高いと思われる手法をその都度状況によって2021年度は使用して来た次第で

Buchujpが実践トレード動画を今年1年アップしてきたように、自分が実際に使ってみて2022年度もぜひとも自分自身が使ってみたいと思えるFX教材ランキングとなった次第です。

学習教材という観点からも、1秒スキャルFXは今もってなお突出しているクオリティーのFX教材だと自分は評価している次第ですが、今現時点で購入できる注目のFX各種教材としては

加藤ムネヒサ殿のプラチナラインFXは特にイチオシと評価したおきたいと思います。

人任せになりそうだとも思えそうなシグナル配信サービスと勘違いしそうですが、確かにシグナル配信を利用して他人任せのトレードももちろん可能な側面もありつつ、教材の中でしっかりそのロジックとチャート~、そしてなぜそのロジックが成功しやすいのかという理屈が動画込みで学習できるため、価値はあると存じます。

本日は少し長い動画になりましたが、しかし今年2021年度総決算ということでbuchujpが勝手に選んだFX教材をなぜ選んだのかという理由も添えて存分にレビューさせていただきつつ、実際に自分が最も使用する1秒スキャルFX手法のアレンジトレード実践も同時並行で収録させて頂きました。

2022年度のFXトレードのご参考に少しでも寄与すれば幸でございます。

関連記事

  1. buchujpの簡単で勝率の高い手法をお見せいたします今日は平均足トレード

  2. 2022年度上半期版「人気FX教材ランキング」buchujpまとめの件

  3. 2022年も使えるFX教材手法まとめbuchujp実践で勝手に考察

2020年最新FXサインツールbuchujp検証と推奨

1秒スキャルFXbuchujp対談の件

最近の記事

人気記事

PAGE TOP