2016年相場も使えるトレンドライン自動表示ツール「トレンドラインPro」とは

4maruti-monita

FXのチャート分析に移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカルや、インジケータを駆使して複雑なトレードロジックを実践されるトレーダーもいると存じますが、

maruti-monita4dai230相場がある限り「トレンドライン」やサポート・レジスタンスラインなどの

テクニカル分析は2016年度も相場が変わっても使える王道の一つではと存じます。

FXツールとしては地味な存在かもしれませんが、「トレンドラインPro」はbuchujpのトレードルームでマルチモニターの一つには必ず表示させているチャートツールでして、

複数の通貨ペアの状況を同時監視するのに大変便利です。


上記のトレンドラインPro実践中の動画は⇒「カタチから入るFXも意外とイイ「トレンドラインPro」複数通貨ペア監視と検証」に掲載中動画のダイジェスト版です。




■トレンドライン公式セールスサイトはコチラ
トレンドラインProリニューアル版buchujp特典付きで飛びます
トレンドラインPro FX初心者のこれからFX特典付き※実践動画でおなじみbuchujp流カスタムチャートほか



FX専業トレーダーのトレードルームのような環境をお持ちでなくても、例えばノートパソコン1台で複数の通貨ペアを同時に参照して、有利なトレードが可能な通貨ペアを選択するためのツールとしても優れていると思いますし、

そもそも、トレンドラインを引いたことが無いとか、どこにトレンドラインを引けば良いのかが、イマイチ分からないと言った場合も、トレンドラインProの自動描画されるトレンドラインを見ていると感覚がつかめてくるというメリットもあると存じます。


それ以上に、


正しいトレンドラインとは何か?


ということを考えますと、結論は、「市場参加者のより多くが意識して動意が確認出来たライン」ということになると思いますが、

trend-line-pro-6随時トレンドラインは引き直して、意識されている価格の節目を検討する必要があるため、
例えば複数の通貨ペアのチャートを同時に自動で実行してくれるとなれば、このようツールが欲しかったトレーダー様は多いのではと想像します。



役に立つチャート分析の補助的FXツールという印象が「トレンドラインPro」です。




トレンドラインProリニューアル版buchujp特典付きで飛びます



2016年スタートから乱高下相場で失敗トレードをやってしまったという方は、buchujpも含めてきっと多いのではと思いますが、ここは基本に立ち返って、たとえ乱高下相場でも、

チャート形状が整ってテクニカルが機能しているタイミングや場面は必ずあると存じますので、トレンドラインProをそんなイメージで活用するというツールとして今年も推奨FXツールとして評価できるのではと思った次第です。



★おすすめレビュートレンドラインProもっと詳しくレビュー動画(現在の2つ前のトレードルームで検証)
→トレンドラインProリニューアル再販売でFX勉強中の初心者トレーダー様へ朗報と検証評価の件



FX初心者のこれからFXサイトの方でも
トレンドラインProレビューカテゴリから実践例を検索できます。







無料のFX講座推奨

最近の記事

  1. DSC02362
  2. 4maruti-monita
  3. Businessman presses button trading on virtual screens. Business, technology, internet and networking concept.

人気記事

  1. 4maruti-monita
  2. Businessman presses button trading on virtual screens. Business, technology, internet and networking concept.
  3. DSC02362
PAGE TOP