究極の「1秒スキャルFX」FX初心者でも自分だけのFX必殺手法を手に入れるの巻

buchujpのFXの大師匠とも仰ぐMAX岩本先生の「1秒スキャルFX」を究極にする、 FX初心者でも自分だけの必殺手法を手に入れるための1つのアイディア記事でございます。

実はこの記事の詳細は、 buchujpメインブログのYouTube動画1秒スキャルFXbuchujp特典レビュー「ドコにも売ってない勝ち方ノート」の件という記事に詳細を掲載しております。


「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ

※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
◆2020年5月19日より特典企画
buchujp「BI_Entry」をご提供決定 期間限定の配布制限付き特典です

————————————————————–
■1秒スキャルFXシークレット特典ほか
レア1「年収5,000万円トレーダーが徹底解説!テクニカル分析で意識すべき経済指標とは」
レア2「マックス岩本の2017年の相場解説と2018年の相場予測」
更に3「マックス岩本の知っておくべきマメ知識」
更に4「マックス岩本が考える成長に必要な三大要素」

【重要特典追加動画①】◆MAXジャッジメントを活かしきる!マルチタイムフレームで攻略法とは
【重要特典追加動画②】◆MAXジャッジメントを活かしきる!複数通貨ペアで攻略法とは

表題の通り「究極の1秒スキャルFX」にするとはどういうことか、

FX教材としてありとあらゆるツールやロジックが販売されている状況の中ですが、他人が作ったロジックでその方が成功しているからといって、同じロジックで自分も成功トレードができるかといえば、実はそう簡単には同じ再現成されるとは限りません。

成功しているプロトレーダーや、専業トレーダーは基本的なベースに、「相場の環境認識」というスキルがあるため、どのような相場、どのようなチャート形状の時、そのロジックが成功確率が高いかということを念頭に実践しているからでございます。

トレードロジックの表面だけを捉えて全く同じ成績を再現しようとすることは、常に不確かな動きをする相場のなかでは現実的ではありませんが、しかし相場の環境認識という足りないスキルを補えば、限りなくそのロジック開発者と同じトレードに近い再現が期待できると存じます。

そこで、自分の成功トレードも、失敗トレードも「トレードノート」として自分の経験を蓄積していきながら、どのような相場で負けて、どの様な相場で勝つことができたのかという状況から、相場環境の認識スキルを自分だけのトレードノートから学習していくことで、

自分自身の性格や性分、失敗しやすい相場環境など、単なる1秒スキャルFX手法の実践ということでなく、自分自身がその手法を実践した時に、自分だけが把握できる成功確率の高いトレードが再現できるのではないかとも考える次第です。

相場環境認識と一口にいいましても、これは感覚的なところによるところもございますので単純なFX教材にまとめることも難しく、ある程度経験の中でわかってくるところが非常に多いものと考えます。

Buchujpの場合もそうですが、 10年以上トレードをつけておりますが、自分のトレードの癖や、チャート形状をみた検討判断の間違いを後で見てトレードのことと付合わせて修正することができるようになったり、

「自分の失敗を修正し続ける」という工程をロジックの学習の中に取り入れなければ、宝の持ち腐れになるのではないかという発想でございました。

メインブログの「FX初心者のこれからFX」記事の方では、詳細なキャプチャー画像も掲載しながら記述しておりますので、合わせてご覧いただければと存じます。

また、本日の「トレードノートを作る」という作業において、また自分のトレードを後から検証するために非常に役に立つ、 buchujpインジケータ「BI‗Entry」というものを開発致しましたが、このインジケーターについても2020年5月より特典プレゼント提供を開始いたしましたので、

ぜひ、究極の「1秒スキャルFX」FX初心者でも自分だけのFX必殺手法を手に入れるためのツールとして、ご活用いただければbuchujpとしましても幸いでございます。

「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ

※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
◆2020年5月19日より特典企画
buchujp「BI_Entry」をご提供決定 期間限定の配布制限付き特典です

————————————————————–

2020年最新FXサインツールbuchujp検証と推奨

1秒スキャルFXbuchujp対談の件

最近の記事

人気記事

PAGE TOP